〒610-0354
京都府京田辺市山手南2丁目1-3 ハチセンビル3号館201号

 

松井山手駅から徒歩2分 駐車場完備 〒610-0354 京都府京田辺市山手南2丁目1-3 ハチセンビル3号館21号 TEL:0774-65-5725
EPARK歯科 ネット予約受付中

一般歯科

HOME»  一般歯科

一般歯科

美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません。そのためには、口腔内の環境を良い状態で保つことが大事です。
虫歯や歯周病は、早期発見・早期治療が大事です。
当院では、可能な限り自分の歯を保存し、抜かないような方針をとっています。
また、歯医者さんでの治療も大事ですが、日常のお手入れと定期検診を受けていただくことが、一番の虫歯予防となります。
健康な歯の保存、虫歯をなるべく抜かないためにも、日常の手入れと定期検診を受けていただくことが大事です。

虫歯について

歯の代表的な病気はなんと言っても虫歯です。
虫歯は初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため発見が遅くなりがちです。
そのまま放置すると自然に治ることなく少しずつ進行していきますので、早期の発見と治療および予防処置がとても重要です。 

虫歯の原因

虫歯は、感染症のひとつです。つまり、お口の中にいる細菌によって虫歯になるのです。
お口の細菌は砂糖を栄養として増えていき、ネバネバとした物質(歯垢)を作り出します。
そして、歯垢の中で砂糖を分解して作られる酸が歯を溶かしていき、虫歯になります。
虫歯は、C0~C4までの5段階のレベルに分けられています。

虫歯の治療法

〈C1・C2〉
虫歯の治療は、まず虫歯の部分を機械で削ります。
〈C3〉
虫歯が神経にまで達すると治療は難しく、神経を取らなければなりません。
〈C4〉
さらに進行すると、歯自体を抜かなければならなくなります。

詰め物と被せ物について

虫歯に対して、詰め物にするか被せ物にするかは虫歯の大きさや、噛み合わせによって変わります。
被せる場合、歯を削る量が多くなってしまいますので、詰め物の方が良いです。
材質なども、噛み合わせや虫歯の大きさによって変わりますので、より早い治療が望ましいです。

虫歯を放置すると・・・

虫歯の治療をせずに放置しておくと、隣の健康な歯や後から生えてくる歯に悪影響を与えます。

虫歯と歯並びの関係

「毎日、ちゃんと歯磨きをしているのに虫歯になってしまった…」
こんな経験はないでしょうか?
虫歯のリスクは歯並びに大きく影響をうけます。
通常、虫歯は歯と歯との境目からできます。歯並びが悪いと歯ブラシが届かず、また、歯の間に食べ物が挟まりやすくなります。そのため、その部分から虫歯になりやすいのです。

家での食事より外での食事(外食)が多い

-歯磨きのタイミングが遅くなる

外での食事は、食後の歯磨きまでの時間が遅くなりがちです。それによりお口の中で虫歯の菌が増殖しやすくなり、虫歯になるリスクが増えてしまいます。

治療したのに症状が良くならない

準備中

乳歯がまだ残っている

-生まれつき大人の歯が欠如している場合があります。

その場合、子どもの歯が大人の歯の代わりになりますので、大事にメンテナンスする必要があります。
また、大人の歯があるにも関わらず子どもの歯が抜けない場合は、その後の歯並びのためにも必要に応じて抜いてあげるケースもあります。
 

PAGE TOP