〒610-0354
京都府京田辺市山手南2丁目1-3 ハチセンビル3号館201号

 

松井山手駅から徒歩2分 駐車場完備 〒610-0354 京都府京田辺市山手南2丁目1-3 ハチセンビル3号館21号 TEL:0774-65-5725
EPARK歯科 ネット予約受付中

噛み合わせ治療

HOME»  噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

噛み合わせが悪いと・・・

  • 口を開けた時に痛みがあったり、口が大きく開けられなかったりする。
  • 一部の歯に過剰な負担がかかるため、虫歯になりやすかったり詰め物が壊れやすかったりする。
  • 頭痛、肩こり、腰痛、生理痛など、全身にも様々な症状が表れます。
    噛み合わせの治療を行うことで、上記の症状を改善します。噛み合わせの治療は、その時の不調を治すだけでなく、将来的な虫歯や歯周病を予防するという目的があります。

顎関節症について

顎関節症とは、「顎が痛い」「顎が鳴る」「顎が開けづらい」など、顎の機能に障害がある状態です。若い女性に特に多い病気です。
顎関節症の原因はいくつかあり、悪い噛み合わせ、顎関節への過剰な負担、ストレス、悪い生活習慣や姿勢などが組み合わされて起こります。
顎関節症の治療には、生活習慣の改善、顎の機能訓練、薬による痛み・炎症の緩和などを行います。症状が重い場合は外科的手術を行う場合があります。
顎の関節が痛い、音が鳴るなどの不快症状がある方はご相談下さい。

歯ぎしり・食いしばり

無意識のうちに、食いしばったり歯をこすり合わせたりしてしまうなど、上下の歯が不必要に接触したりしている状態です。
日中起きているときに生じるものと、眠っている間に生じるものがあります。
リラックスした状態では、上下の歯には隙間があり食事や会話のとき以外は触れ合うことがないのですが、歯ぎしりや食いしばりで上下の歯が触れ合っていると、長時間にわたって歯や顎に力がかかり、歯や歯を支えている組織に負担をかけてしまいます。
マウスピースを装着することで、上下の歯が直接当たらないように防止し、歯や顎にかかる圧力を減らして、歯のすり減りを食い止めるとともに、詰め物が取れるリスクも減らすことができます。

噛み合わせと乱視の関係性

噛み合わせ治療を一言で表すとすれば、それは「顎の位置を変える」ことです。
何らかの理由でバランスが崩れてしまうと、乱視などがでてきます。
噛み合わせを変えるまたは、1本1本の歯を紙一重のレベルで削ったり足したりといった調整を行います。
「噛む」→「顎から目にかけての筋肉が程よく締まる感じ」で目の筋肉がうまく動くようになれば、乱視がひどくなることが防げるかもしれません。

PAGE TOP